Page: 1/1   
グッドモーニング・コール 感想

 

『グッドモーニング・コール』 感想

 

 

 

少女マンガの話になったとき、人に薦められたため、
読んでみることにしました。

 

「読みます」と答えた手前、約束は守らないといけませんからね。

それで、読みました。

 

面白かったです。

 

面白かったんですけど、あまリ深くは刺さらないというか、
残るものが少なかったな、というのが正直なところでした。

 

私はマンガや小説が大好きで、
本当に大好きで、
これらの作品を鑑賞するときばかりは、
自分の気持ちに嘘をつけないというか、つきたくないんです。

 

何が言いたいのかと申し上げますと、
薦めてくれた人に迎合するようなことはしたくないし、できない、というお話です。
ただただ正直に、感じたことを述べ、綴りたいと思います。


まず、『グッドモーニング・コール』のあらすじを引用してみます。

 

両親の都合で、卒業までの半年間、マンションで一人暮らしをすることになった中三の菜緒。
ところが引っ越しの日に、何と別の男の子が同じ部屋に引っ越しをしてきたから大変!
しかも、彼は同じ中学の上原くん。結局同居するハメに!?

 

(『グッドモーニング・コール 1』集英社文庫 裏表紙より引用)

 

悪徳不動産会社に騙され、住もうとしていた物件が二重契約であったため、
やむにやまれず、ルームシェアをすることから、物語が始まります。

 

中学生同士でルームシェアするまでに至る過程が、
どうにも無理くりな感じが強くて、まず躓きました。

 

当時の不動産業界がどうかは知りませんけど、幾ら悪徳であっても、
保証人や契約者が親だか未成年後見人だか知りませんが、
中学生が住むことのリスクを恐れ、回避しようとしませんかね。

 

大家さんも大家さんで、家賃払ってくれるなら誰でもいいって頭大丈夫なのか?
契約は賃貸人(大家)と賃借人で交わすのであって、不動産会社は媒介でしかないんだぞ。
家賃の回収リスクもあるし、それ以外の厄介事も絶対ついて回るでしょ。
そもそも契約書はそれぞれあったわけで、おかしいとか思わなかったのか?

 

とか、ツッコミどころが多過ぎました……。

また、高校生ならまだ辛うじて許せなくもないんですけど、
中学生が年齢詐称してバイトしたり、
親に黙って異性と同居したりとか、流石にマズくない?

 

上原くんの兄である卓也氏は全然出てこないですし。

 

親代わりならもちっとしっかりして欲しい……。

言い出すとキリがないので、ここら辺までにしておきましょう。

 


では、キャラクターに触れつつ所感を。

 

主人公の菜緒。
明るくて天然で、感じのいい子。

それ以外、あまり言葉が浮かんでこない……。

 

主人公なのに。
ヒロインなのに。
流されてばかりだからか、個性らしい個性が見えてこない気がしました。

 

対して、上原くん。

ヒーローとはいえ、滅茶苦茶イケメンで秀才で、
バイトしてても成績は学年上位で。

 

……設定盛り過ぎでは。

 

「上原くんはみんなのものだから、抜け駆け厳禁」
みたいな協定がでてきて、
それに抵触した菜緒を締めにかかる同級生とか、
もうコッテコテの王道展開。

 

連載開始が1997年だから、当時は新鮮だったのでしょうか。

この感覚は『To Heart』をプレイしたときに似ていました。

(奇しくも、『To Heart』も1997年発売ですね)

 

その後に連なる作品に多く触れてしまったがために、
展開が読めてしまったり、月並みに感じてしまう現象。

(実際にそうなのか、正しいかを証明する術は持たないが、そういう感覚が常にある)

 

古典とでも評すべき存在で、
それらを下敷きにしているからこそ今があるんでしょうけれど、
古臭さは拭い去れない、みたいな。

 

ヒロインの友達である、紺野まりなの情報通設定とかも、
見たことあるーってなるし、
草薙ななこの二面性も、あるあるやんけってなりました。

 

ここら辺の導入部からして、
読み進めるのはちょっとキツイかもしれないと思っていたのですが、
お互い好き合った辺りからは、
想い合って、助け合ってという関係性が微笑ましく、
テンポよく読めたので、楽しめました。

 

ただ、どこかちぐはぐというか、肩透かしをくらうことも多かったですね。
菜緒のために、好きそうな映画のビデオを上原くんが借りてきてくれるんですが、

「(うれし――…)さっそく今晩見ようねっ」と菜緒が笑いかけたら、
「え おれは見ないよ ひとりで見て」
「!?」
(なんかちがう気がする……)
と思いながらも、一人で見るシーンがあります。

 

ないでしょ.JPG

 

 

なんかちがう気がする、
じゃなくて、
絶対違うだろ、これ。

二人で楽しめる映画探せや……。

 

なんというか、上原くん、よくわかんないんですよね。
どこかずれてるというか。


バイトしまくりだし、そりゃあ菜緒も不安になるわってことが多くない?

イケメンなのかもしれないけど、
行動が恰好いいかというと、個人的には刺さらない……。

 

あと気になったのは取り敢えず2点。

ひとつは、デフォルメの濫用。
デフォルメされるキャラやシーンが多過ぎませんか。

 

デフォルメ自体を非難するつもりは一切ないんですよ、
私だってSDキャラとか、二頭身キャラとかだって好きですし。
デフォルメによって生まれる、「コミカル感」には概ね好意的です。

 

しかしながら、この作品は多過ぎる。

 

ここまで多用しちゃうと、かえって見づらいですし、
あまりに現実離れ感が強くなってしまい、
感情が追いつかなくなってしまう。

 

作画コストを抑えるために意図的にやってるのかな、とか、
邪推してしまうくらいの頻度です。

 

これはちょっと合わなかったですね。

 


で、もうひとつは、ショッピングするシーンが多過ぎる!
何枚服買えば気が済むんだよお前ら!

 

現実の女の子って、
あんなにしょっちゅうしょっちゅう服を買うのかい?
バイトしてもしても足りなくない、あれ?

 

てか、どんだけ買い物のシーン挟むの?

上原くんもバイトバイトバイトで、全然一緒に出かけないしさ。

だからこその同居なのかもしれないけども。

 

とまあ、なんか引っかかっちゃうところが多いマンガでしたね。
まりなとみっちゃんの恋愛なんかも、
もっと描写できたんじゃないかと思いますし。


不満ばかり論う(あげつらう)のもどうかと思うので、
よかったところも挙げてみます。

 

ちょこちょこ女性陣の髪型が変わるの、かわいくていいですね。
女性漫画家の方は自然にヘアアレンジを取り入れていること多いですよね。
『恋愛ラボ』のリコみたいなの。

画像だとこんな感じ。

 

 

ヘアアレンジ_3-1.JPG

 

ヘアアレンジ_3-2.JPG

 

ヘアアレンジ_3-3.JPG

 

はい、かわいい。

 


エピソードとしては、

あべっちこと阿部 順と、大石つかさの微笑ましいやりとり
あのシーンはよかったですね。
本筋より読み応えがあった気がします。

 

 

お嬢様中学校の美少女相手に告白されたあべっちが、

連日デートしまくりで、騙されているんじゃないかと周囲が怪しむ中、

実は既に海外に行くことが決まっていたため、

心残りがないよう告白したのだと後から明かされる。

それ故、あべっちは有限の時間を最後まで大事にしていたのだと、読者は知る。

 

これまたどっかで見たことある話のような気がしないでもないのですが、
あべっちの、普段はおちゃらけていても、
芯の部分はまっすぐで、気持ちのいいキャラクターぶりが、
上手く表現されていたと思いますし、
作中では珍しく純粋に可愛らしい大石つかさの存在もよかったです。

 

その後も大石つかさちゃんはちょいちょい話題になるとはいえ、
きちんとした出番はこれっきりだったため、勿体ないとさえ思えました。

 

あとは、あべっちをどのような過程で知って、
どうして惹かれて、告白するに至ったのか。
そもそもどうやってバレンタインにチョコを渡したのか、
そういった一切合切が省略されていていたのも勿体ない。

 

こういう細部への気配りが、物語に深みを与えうると思うんですがね……。

 

例えば終盤の↓のようなモノローグ。

 

モノローグ_2-1.JPG

モノローグ_2-2.JPG

 

菜緒にしては珍しくシリアスちっくになっていて、
少女マンガしてるじゃんと思いきや、
さして尾を引くこともなく、上原くんとの軽いやりとりですぐ解決してしまう。

 

少年マンガが壮大なストーリーやアクションで魅せるものだとするならば、
少女マンガは感情の機微や心情の揺れ幅に価値があるのだと思いませんか。

 

そこにいくと、『グッドモーニング・コール』は、
あっさりテイストというか、深入りしないんですよね。

 

ゆりりんの旦那が不倫していると感じ、

当てつけに自分も浮気してやる!

どブチ切れてるときですら、これ(↓)ですもん。

(ちなみに、この3Pは省略しておらず、連続しています)

 

 

ゆりりん_3-1.JPG

ゆりりん_3-2.JPG

ゆりりん_3-3.JPG

 

 

シリアスが長続きしねぇ……。


先に挙げたデフォルメの多用も、
「あっさり」という印象を強めているのだと思います。

 

全体的に悪くはないだけに、惜しいんですよね。
もう少し捻れば、もっとよくなるのにって感じます。

 

ただ、滅茶苦茶売れた作品らしいですし、
『グッドモーニング・キス』という続編が現在も連載されているので、
既に十分に成功された作品であり、私の指摘は的外れなのかもしれません。

 

しかしながら、決して無責任なつもりも、
揚げ足取りのつもりもなく、そう感じたから、そのように書いています。

 

100点満点で採点したら、70〜75点くらいでしょうか。

 

合う人が読めば、高得点なのでしょうが、
私にはそこそこってところでした。

 

つまらなくはない、面白い、面白いけど、ちょっと。

そんな感じでした。

 

そもそも対象年齢、対象世代が低めに設定されているのでしょうしね。
三十路のおっさんなんてお呼びじゃないんですよね。

 

これを真っ先に言っちゃうと全てが無に帰してしまうので、
ここまで踏ん張りました。頑張りました。

 

久し振りに少女マンガをがーっと一気読みして、
自身の少女マンガ遍歴を思い返したりしたので、
そういった話も気が向いたらしてみようかなと思います。

 

それでは、また。

 

| soemon | 23:07 | comments(0) | - | pookmark |
素敵な彼氏 1巻の感想



『青空エール』が完結したと思ったらすぐさまの新連載、流石です。







この作品は、カレシが欲しいのに、これまで出来たことのなかった女の子が、
とある男の子に惹かれ始めていく、といったガールミーツボーイです。

なんというか、少女マンガのラブコメの王道を、今風にしただけの作品といった印象です。
その上、別にファンタジー要素も、転校生も、入れ替わりや生き別れたなんちゃらといった特別設定もない。
はっきり言って普通なんです。どこにも転がっている日常とさえ、思える。
なのに、面白い。読ませる、読まさせられる。

これは尋常じゃなくすごいことだと思うんですよ。
最初の導入部で即カレシが欲しいという目的を明確にして、惹きつけて、
そこからあっという間に、現在の状況や主人公の性格、友人をさらさらっと紹介。
で、インパクトのある男の子登場。更に畳みかけて物語は先へ先へと走り出す。

何この巧みさ?
立て板に水といった淀みのなさ。

作者の河原和音先生の短編集なんかを読んでても感じるのですが、
この方の少女マンガ力には脱帽しかないんですよね。
だって、どれ読んでも面白いんですもん。

キャラの引き立て方や話の構成力もさることながら、
ここぞというときの台詞・モノローグの切れ味、これでしょう。

『素敵な彼氏』だったら、
彼がケーキの上に乗ってるチョコを食べてるときの、



「くち 大きいな」といった、ほんのちょっとした主人公の吐露に、
キャラクターの個性というか、視点がちゃんとあって、
活き活きと感じられるというか、息遣いが聞こえてくるというか。
(バイト時のあかぎれに気付いてフォローしてくれる辺りなんかも素晴らしい)

まあ『友だちの話』に収録されていた『その彼、調べます』の「歯ならびいいなー」を思い出したからなんですけどね。
あれ、すごいよかった……。





ちと脱線してしまいましたが、とにかく巧いとしか言えないんですよ。
応援したくなる女の子や魅力的な男の子の描き方なんかは特に。

ただ、よすぎるが故に、疑念も発生してしまう。
こんなに素敵な女の子ならば、中高の男子はほっとかねーべ、と。

これはもう少女マンガの宿命的なところなんで、
最早突っ込むのは野暮なんでしょうがね。

変身シーンになぜ攻撃しないで待ってるの? みたいなレベルなのかも。
結局今は素敵な彼と出会って、なんかいい感じっぽくなってますしね。

ともあれ、まだ1巻、まだ4話。
この作者の力量ならまだまだ話は続いていって、
素敵な物語を紡いでくれることでしょう。

続きが楽しみでなりません。
| soemon | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サッカー自体はそこまで大切じゃない
更新頻度を上げると嘯いておきながら、
前回の更新から2週間くらい経ってる!?

GWもゴロゴロしてるだけのダメ人間でしたしね。
はぁ。





そんなことはさておいて、私の愛読雑誌のひとつである、月刊少年マガジンにて、
『四月は君の嘘』で御馴染みの新川直司先生の新連載『さよなら私のクラマー』が始まりました。


 
ご存知の方もいらっしゃるかとは思うのですが、
新川先生は『さよならフットボール』というサッカーマンガを以前描かれており、
その際の主人公である女子中学生、恩田希が高校生となって、『さよなら私のクラマー』にも出演しております。

『さよなら私のクラマー』に関しましては、まだ一話ということもあり、
今後に期待としか言いようがなく、評価なんて出来やしませんので、
過去作について少し触れておこうかと思います。

『さよならフットボール』は、新装版で2巻完結という大変読みやすいものですが、
男性と女性の悲しいまでのフィジカルの差を通して、
サッカーと青春の案配が適度に描かれている印象の作品です。



あらすじをだらだら書くのは苦手なので、興味を持った方はググってみてください。
勝手にほどよい文章を転載したら怒られそうなのでね、ご了承ください。

作品を読んでみて、この作品が伝えたかったことは、「積み重ねた時間の尊さ」ではないかと思いました。
努力は裏切らないとまでは言いませんが、「費やした時間は決して無駄なんかじゃない」と、
作品全体で訴えてくるような造りになっています。

これは『四月は君の嘘』の根底にも流れており、
「積み重ねた意義」というものが、そこかしこに溢れていると感じます。
例えば、有馬公正のこれまでの生涯。
母のために弾き続けたピアノ、とあるきっかけで弾けなくなり遠回りした時間、
幼少時からの幼馴染たちとの繋がり、四月のある日、変なヴァイオリニストに出会ったこと。

どれもこれもが彼にとって恐らく意味のあった時間で、それらが存在したからこそ、
あのラストに集約されたのだと信じます。

他にも、個人的に印象的なのは9巻における、胡桃ヶ丘中学校の学祭もとい、
くる学祭の公正と相座凪の連弾「眠りの森の美女 薔薇のアダージョ/ワルツ」(チャイコフスキー)です。



決定的なのは、この演目の演奏中、凪のモノローグがこのようにあるからです。


2か月前なら
置いてけぼり だった

あの時間は 無駄じゃなかった

ピアノに 傾けた 時間が――
生きている



悩んで
わめいて
苦しんで
もがき続けた 数か月

何もかも報われる瞬間があるの




2か月でそうも大きく変わるものかと思いつつも、
中学生の2か月って大きいよなと思い直したり。

またこの部分はアニメで言うと第18話「心重ねる」にあたるのですが、
私的に一番魅力的な回で、ことここに至っては原作超えしてる気さえします。


で、『さよならフットボール』にも、こんなモノローグがございます。


私の意地は――
ムダじゃなかった

今――
生きている


どういった場面でどう使われているかは作品を読んでのお楽しみ。
(としておくと自分がすげー楽ちんです)

とまあ、同じ作者だなぁと感じさせる構造なんですよね。
人によってはその詩情をポエム(笑)とか貶めたりもするみたいですが、
(アニメの感想を覗いているとかなり散見された)
自分は全然いける、というか好きです。
ちゃんと言葉も吟味されてると思いますしね。


導入にしては長過ぎたと反省しつつ、ここでサッカーマンガの話に戻ります。


自分は子供の頃、少年野球をやっていたこともあり、
サッカーより野球のほうが断然詳しいし、プレーするのも好きなのですが、
あんまり野球マンガは読み込んでいません。

小学生のとき、地元の児童館に所蔵されていた『名門!第三野球部』を全巻楽しんで読んだ記憶がありますけど、
あれ異次元野球感ありますしね。天秤打法懐かしい。

『メジャー』は嫌いじゃないけど好きでもない
『ドカベン』ごめんなさい読んでません
『新約「巨人の星」花形』も異次元
『最強!都立あおい坂高校野球部』『 Be Blues!』のほうが好き
『ドラベース』はい異次元
『ダイヤのA』丁寧な感じするけど煮え切らない
『おおきく振りかぶって』甲子園いけなそう
『グラゼニ』俺が求める野球マンガじゃない

ぱっと思いつくのを並べたところ、完全に馬が合ってないというか、
これもう野球マンガより私に欠陥がある感じですね。

実際野球も見るよりもやってる方が遥かに好きですし、
無駄に思い入れがある分、客観的に読むことができないのかもしれません。


そこでサッカーマンガです。
ルールも分かるし、体育なんかでやってもそれなりに楽しかったし、無駄な思い入れもない。
気負わず読めるので野球よりサッカーのほうがマンガは好きな気がします。

特にオススメしたいのを2作挙げましょう。


まずこれ、
『1/11 じゅういちぶんのいち 』




この作品はサッカーを通して、安藤ソラと彼を取り巻く人々の生き様が描かれています。
正直に言ってしまえば、「サッカーを扱ったマンガであってサッカーマンガではない」。
あくまでも人間ドラマこそが、この作品の根幹であると感じます。

この作品に関しては以前とても簡単にではありますが、
感想を述べていたことがあるので、それに代えさせて頂きます。
完結した今でも、この感想に残した思いは変わっていないからです。


そしてもう一点ご紹介、
現在進行形で連載中である『アオアシ』です。



部活やプロリーグを扱ったサッカーマンガが溢れる中で、
今作はプロリーグの下部組織、Jユースに焦点を当てた作品です。

主人公や脇役のキャラ立ち、ヒロインの可愛らしさ、
Jユースという組織の存在意義、試合運びの巧みさ、
どこを切り取っても面白い。

上野直彦さんが取材と原案の協力をなさっているとのことですが、
どれだけ話作りに関われていらっしゃるのかいまいち掴めないのが気にかかる今日この頃。


そもそも作者の小林有吾先生の大ファンです私。
『てんまんアラカルト』から入って、こんな面白いグルメマンガ読んだことねぇと感心し、
デビュー作という『水の森』を涙ボロボロ流しながら読んで傑作判定を下し、
新作の『アオアシ』をコミックスで追っている今があります。

最近5巻が出たばかりですので是非読んで頂きたいですし、願わくば過去作も押さえて頂きたい。
4巻までに関しては短いながらも読書メーターに感想を寄せておりますので、
興味があったら覗いてやってください。


そんな感じで『さよなら私のクラマー』を読んで、書いておきたかったことを書き終えました。
満足満足。


あと、今日の内に山内マリコ先生について書いておきたいなぁと思っているので、
間に合えば載せます。無理だったらまた後日。


 
| soemon | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『1/11 じゅういちぶんのいち』 感想。

スポーツマンガと言えば、仲間とともに練習を積み重ね、試合でライバルたちと競い、切磋琢磨し、高め合う。
そんな流れが主流ではないでしょうか。
というか殆どがそうではないかと思います。

ですが、『1/11 じゅういちぶんのいち』は違います。
この作品は、毎話、スポットライトの当たる人物が異なります。

最初こそどの話にも絡んでくる主人公、安藤ソラではありますが、
それ以降はマネージャーであったり、チームメートであったり、
スカウトマンだったり、フリーライターだったり、サッカーとは無縁の単なるクラスメートだったりします。

時間軸もバラバラで、主人公はさっきまで高校生だったかと思えば、
いつの間にかプロになってたり、海外行ってたり、
また高校生に戻っていたりします。

けれど、どの話にも一貫して共通していることがあります。
一人一人の生き様が、丁寧に、克明に、描かれている点です。

世の中には何十億人というもの数の人がいて、その一人一人に人生があります。
人は自分を主軸に置いてしか世界を見つめることができないので、
意識していないと、そういった当たり前のことを失念してしまう気がするのですが、
この作品はそんなある種の驕りとは無縁の、個々人を大切に扱っている作品だと感じます。

本来なら誰もが気付かずに通り過ぎるような、日の当たらない場所にあるドラマを、
すかさず切りぬいてみせるその巧みな技術には舌を巻いてしまいます。

ひとつひとつの話に、ここがいい、ここがすごいというふうに事細かに語ってみせる自信が私にはありますが、
内容に踏み込みすぎるとネタばれになってしまい、未読の方の楽しみを半減させてしまう可能性がありますので、
あまり深くは掘り下げないようにしようと思います。


ただまず間違いなく、現時点でこの作品は傑作だと私は思います。


強いて難点をあげるとすれば、主人公があるキッカケで変わったにしても、ちょっとイイ奴すぎるのと、
このマンガ、女性陣が男前過ぎる(精神面的に)きらいがありますね。


でもまあ、すごく好みのマンガです。
多くの方にお薦めしたい、そう思います。

| soemon | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

読書メーター

こちらから

twitter

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode